地元の方で大賑わい!!待ってでも食べたい!サムギョプサル&モクサル~肉典食堂 2号店

韓国で焼き肉といえば、サムギョプサル!!

「サムギョプサル食べに行こう!」と友人に誘われ、新設洞(シンソルドン)にある「肉典食堂(ユッチョンシッタン) 2号店」ヘ行ってきました。

その友人は、月に2~3回ソウルへ行くという強者なのですが、毎回必ず「肉典食堂 2号店」ヘ足を運んでいます。
それほど惚れ込んでいるお店ですので、私もとても楽しみでした!!

この記事では、肉典食堂 2号店に行き、実際に食べてみた感想や混雑状況などをお伝えしていきます。

肉典食堂(ユッチョンシッタン) とは

「肉典食堂」は、地元の方が並ぶ大人気焼肉店です。
韓国や日本のテレビ番組でも紹介されていて、1時間以上の行列必死のお店です。

熟成サムギョプサル(豚の三枚肉)やモクサル(豚の首肉)をはじめとする、上質な韓国産ブランドの「韓豚(ハンドン)」や「韓牛(ハヌ)」の焼肉を楽しめます。
常連さんの中には、お肉の上質さに魅了され、はるばる遠いところから来店される方もいるそうですよ。

 

また、お肉は店員さんが目の前で焼いてくれます。
理由は、豚肉の旨みを引き出すために鉄板の温度にまでこだわっているから!!
「美味しい焼肉を食べてもらいたい」という熱意が伝わってきますね。

現在、ソウル市内に4店舗あります。
東大門の近くの新設洞に本店含め三店舗、江南店。
どの店舗にも行列ができています。

韓国や日本のテレビ番組で紹介されているので、名前を聞いたことがある方も多いのでは?

人気の理由は、分厚いサムギョプサル

ステーキのように分厚いサムギョプサル(豚の三枚肉)は、柔らかく、肉の旨みたっぷり。
ほとんどのお客さんが注文しているほどの人気ぶり。

また、店員さんが上手に焼いてくれるので、お肉のジューシーさを逃すことなく美味しくいただけます。
サムギョプサル初心者でも、美味しくお肉をいただけるのはうれしいですね。

日本人旅行者の間では、日本では珍しい「モクサル(首肉)が絶品!」とサムギョプサルと一緒に注文する方がほとんど
モクサルは、脂身が少なく、コリコリとした歯応えのお肉です。

肉典食堂の韓豚・豚肉

肉典食堂 2号店へ行ってみた感想

それでは、実際に食べてみた感想と混雑状況をお伝えいたしますね。

実際に食べてみて

私たちがオーダーしたのは、「サムギョプサル」「モクサル」「ケランチム(茶碗蒸し)」「ミョンイナムル(行者にんにくの葉の漬物)」「冷麺」
友人がお勧めをオーダーしてくれました。

お肉を焼くのは、店員さんの担当。
焼きあがるのを待つだけなので、うれしいです!!

ステーキのように分厚い肉をカットし、転がしながら焼いてくれます。
焼いている時に、店員さんがテーブルを離れても安心してください!
絶妙なタイミングで、肉を返しに来てくれます。
肉典食堂のサムギョプサル

焼きあがったら、お皿に載せてくれます
それまでは、裏返したくてもじっと待ってくださいね。

肉が焼きあがったら、お肉の味を堪能するため、まず塩で食べます
豚肉の旨味が凝縮されていて、噛めば噛むほど笑顔がこぼれる!!
白いご飯があれば、このままで食べ続けたいくらいでした。

別注文した「ミョンイナムル(行者にんにくの葉の漬物)」。
甘酸っぱい液に漬け込んだもので、このミョンイナムルの上にお肉とわさびを載せ、くるんで食べます。
この食べ方が肉典食堂で大人気!

私は塩で食べる方が好きですが、友人たちは「これが美味しい!!」とナムルを取り合ってました。

サービスでついてくるバンチャン(おかず)が、他の飲食店と違うのも嬉しかったです。

肉典食堂のバンチャン

オーダー方法

日本語メニューが用意されているので、心配はありません。
また、日本人のグループには、日本語が話せる店員さんがついてくれるようです。
簡単な日本語でやり取りができるので安心です。

しかし、オーダー時に注意しないといけないことがあります。
それは、「最初の注文のみ一人前でのオーダーができない」こと。
最初の注文時は、2人前以上から注文してください。

おひとり様もOK

おひとり様でも2人前を注文すれば、一人で来店しても大丈夫です。
食べきれなかった分は、テイクアウトが可能です。

しかし、ワイワイした雰囲気の中、一人で黙々食べるのが大丈夫な方じゃないと難しいかな。
私が行った2号店は、隣との席も近くギューギューでした。
一人でも行きたい方は、事前にお店の雰囲気をチェックすることをオススメします。

混雑状況

私たちがお店に着いたのは19時頃。
たくさんの方が店舗前で待っていました。

予約ができないお店なので、オープン直前に行って並ぶか、食べたい時間から待ち時間を逆算して早めに行くことをお勧めします。

順番を呼ばれたときに、お店前にいないと飛ばされてしまいますので、
近くのカフェやコンビニなどで時間を潰すときは、気を付けてください。

飛ばされてしまったら、店員さんに声をかけて次呼んでもらってくださいね。

新設洞・肉典食堂 2号店の場所

新設洞(シンソルドン)には、3店舗あります。
地図は、私が行った「2号店」を載せますが、混んでいたら他店舗へも偵察に行ってみることをお勧めします。

肉典食堂の外観

  • 店名
    肉典食堂 2号店
  • 交通
    新設洞駅(地下鉄1号線・2号線)2番出口 徒歩約1分
  • 住所
    ソウル特別市 東大門区 新設洞 76-25

他店舗情報

新設洞

【1号店(本店】
住所 : ソウル特別市東大門区新設洞104-3
交通 : 新設洞駅(地下鉄2号線)10番出口 徒歩2分

【3号店】
住所 : ソウル特別市東大門区新設洞93-3
交通 : 新設洞駅(地下鉄2号線)9番出口 徒歩2分

江南

【4号店】
住所 : ソウル特別市江南区駅三洞823-10
交通 : 江南駅(地下鉄2号線) 1番出口 徒歩5分

5号店の忠武路店は閉店しました。

本場のサムギョプサルを食べたいときは、肉典食堂へ!

肉典食堂(ユッチョンシッタン)はいかがでしたか?

サムギョプサルもモクサルも、噛めば噛むほど口の中に旨味が広がって、本当に美味しかったです。

オーダーが2人前からなので、「モクサル(豚の首肉)」狙いで行ってもいいと思います。
本場のサムギョプサルをぜひご堪能ください。

新設洞(シンソルドン)は、東大門から近いです。
食後は腹こなしを兼ねて、ナイトショッピングへ行くのもいいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です