一度は食べたい!!参鶏湯の有名人気店~参鶏湯専門店 土俗村(トソッチョン)

友人に誘われ、ランチで参鶏湯を食べに行ってきました。

私は漢方食材が大好きなので、参鶏湯は韓国で食べたい料理の一つ
ソウルの土地勘がない頃でしたので、誘われてテンションがマックスまであがったのを覚えています。

友人と向かった先は、素敵な韓屋のお店
あとで知ることになるのですが、参鶏湯の超有名人気店「土俗村(トソッチョン)」でした!!

とても美味しくて、この後ソウルへ毎月行くたびに、美味しい韓国料理を探すきっかけとなった料理かもしれません。
この記事では、参鶏湯の食べ方や「参鶏湯専門店 土俗村(トソッチョン)」の食べてみた感想や混雑状況、などをお伝えしていきます。

参鶏湯専門店 土俗村(トソッチョン)とは

「参鶏湯といえば土俗村」といういくらい、ソウルだけでなく韓国全土で有名な人気店です。
韓国客だけでなく地元の人たちにも愛されているお店です。

土用の丑の日に、スタミナをつけるため、日本では鰻を食べますが、韓国では参鶏湯を食べます。
(土用の丑の日にあたる日を韓国では「伏日」といいます。7月から8月にかけての3日間。)
そのため、伏日には毎日大行列ができるので、ご注意ください

座敷タイプのオンドル席とテーブル席で、計400席あります

お店秘伝の具入り!土俗村の参鶏湯

看板メニューの参鶏湯は、鶏肉と一緒にもち米、高麗人参やナツメ、栗、銀杏、松の実、カボチャの種、ひまわりの種、くるみ、黒ゴマ、ニンニク、そして、お店秘伝の食材が数種入っていて栄養満点!!

濃厚でクリーミーな白濁したスープと柔らくて美味しい鶏肉を楽しめます。
また、高級食材を使用した「烏骨鶏参鶏湯(ウコッケイサムゲタン)」も味わえます。

参鶏湯の食べ方

土俗村では、まず最初に「人参酒」と「お茶」が出てきます。
テーブルの上にキムチとカクテキが置いてあるので、小皿に取り分けておきます

いよいよ、参鶏湯が運ばれてきたら・・・
参鶏湯は鶏一羽分入っているので、器にスペースを作るためにも、まずは鶏肉を小皿に取り出し、塩をつけていただきます。
少しずつ崩しながらで大丈夫ですよ!

スープの味が薄いようでしたら、少しずつ塩を足してお好みの味に
少しずつがポイントです!

ある程度鶏肉を食べたら、お腹も開けて中身も食べます。
塩味の効いた美味しいスープがもち米や食材にしみ込んでいるので、とても美味しくいただけます

私は参鶏湯の食べ方を知らなかったので、いつも自由に食べてました。
「先に鶏肉を食べてしまう」ことがとても新鮮でした。

*鶏肉は先に全部食べるか、骨から外してスープに戻す方が食べやすいです。

土俗村の参鶏湯

参鶏湯専門店 土俗村に行ってみた感想

それでは、実際に食べてみた感想やオーダー方法、混雑状況などをお伝えいたしますね。

実際に食べてみて

日本で食べた参鶏湯のスープは、あっさり。
スープの色も薄く、器の底が見えてました。
「THE 健康食」という感じでしたが、土俗村の参鶏湯は全く違いました。

とにかく濃厚でコクのあるスープ!!でも、まったくしつこくないのです。
私はもともと鶏白湯が大好きなので、見た目も味も大満足!!
鶏も一匹入っているにも関わらず、ペロッと食べられます。

こちらの参鶏湯をいただいて参鶏湯がさらに大好きになりました。

また、訪問したのが、とても寒い一月でしたので、スープを一口飲むたびに、身体が芯から温まっていきました!!
また、床がオンドルなのもうれしく、ついつい長居をしたくなってしまいました。

初めて土俗村へ行かれる方には、普通の「参鶏湯」をぜひ食べていただきたいです。
珍しい高級食材を利用した「烏骨鶏参鶏湯」の方は、日本人の口に合わないようで「多くの人が残す」と聞きました。

オーダー方法

語学が心配な方も心配しないで大丈夫です!

韓国客に慣れているお店なので、スムーズに入店ができます。
トイレの場所も案内してくださいました。

オーダーもメニューに日本語表記があり、メニューだけでなく、「お皿の使い方」や「参鶏湯の食べ方」も書かれています。
安心して行かれてくださいね。

トソッチョンのチヂミ

 

混雑状況

ランチ時は待つことが多いですが、夜は比較的空いています。

ただし、7月・8月、特に「伏日(土用の丑の日)」は要注意!!
日本人の鰻が韓国では、参鶏湯にあたります。
そのため、毎年ニュースでも話題になるほど、多くの韓国人が訪れます。

私の友人は、「飛行機の時間が~」と食べ終えると同時に飛び出していきました。
時間に余裕を持って訪問してくださいね。

予約について

そんなに混むのなら予約を!!と思いますよね。
残念ながら、予約の受付はしていません

10人以上であれば、「グルヤク」から予約ができます。

参鶏湯専門店 土俗村(トソッチョン)の場所

土俗村は観光名所でもある「景福宮(キョンボックン)」「西村(ソチョン)」の近くです。
この辺りを観光した際、訪れるのも良いですね。

  • 店名
    参鶏湯専門店 土俗村(トソッチョン)
  • 交通
    地下鉄3号線景福宮駅 2番出口 徒歩7分
  • 住所
    ソウル特別市 鍾路区 体府洞 85-1

女性にもうれしい参鶏湯!! 土俗村(トソッチョン)

参鶏湯専門店 土俗村(トソッチョン)、いかがでしたか?

「参鶏湯を食べるなら、焼き肉に行こう!!」
と、私はよく言われるのですが、土俗村の「柔らかな鶏肉&濃厚でクリーミーなスープ」の参鶏湯をぜひ一度食べていただきたいです。

食べて温まるのはもちろんのこと、コラーゲンたっぷりで美肌への期待も高まります。

ぜひ行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です