止まらない美味しさ!絶品チョッパル~元祖1号 奨忠洞ハルモニチッ

私はソウルへ行くたび、新羅免税店でコスメをチェックするのがルーティン。
「東大門歴史文化公園駅」から免税店まで、いつも歩いて行くのですが、その途中にあるお店が毎回気になって・・・

入口ドア近くで、店員さんが大量の焼き豚のような肉を一心不乱に切り分けてお皿に盛ってるんです!!
そして、店内は昼夜問わず、いつもほぼ満席で大賑わい!!

こんなに毎回混んでいるなら、美味しいに違いない! 入りたいな~」と、通るたびにお店を覗いていました。

私はハングルを読むことさえできないのに、店内にはおひとり様がいなかったので、複数人じゃないとダメそうだ・・・と諦めていました。

しかし、毎月1~2回お店の前を通っていると、入りたい気持ちがどんどん強くなり・・・意を決して、一人で入店しましたよ!!!

こちらの記事では、「元祖1号 奨忠洞(チャンチュンドン)ハルモニチッ」に行き分かったオーダー方法や食べ方、食べてみた感想などをお伝えしていきます。

名物料理を食べたいなら2人以上がおすすめ

お昼ごはんを食べ損ね、お腹ペコペコな14時頃。
お店の前を通り中を覗くと、テーブルに空きがある!!

意を決して、中へ入ると店員さんが、窓際の席を案内してくれました。

「あの肉を私も食べたい!」とジェスチャーで伝えたら、
「ダメダメ~!あれは2人以上じゃないと。一人じゃ食べきれないよ。」とメニューの人数欄を指され、粘ってみたけれど、オーダーできず。
私の夢は一瞬で撃沈。

仕方なく、冷麺をオーダーしました。

元祖1号 奨忠洞(チャンチュンドン)ハルモニチッの冷麺

元祖1号 奨忠洞(チャンチュンドン)ハルモニチッのキムチとカクテキ
他の方がお肉を食べているのを横目に、仕方なく一口・・・

お、美味しい~!!!!
まったく期待していなかったので、美味しさにびっくり。
汗がすーっと引いて、身体の火照りも収まり、午後の活力が戻ってきました。

伺ったのは4月だったのですが、とても日差しが強く、暑い日でしたのでほっとしたのを覚えています。

しかし、私が食べたかったのは冷麺ではなく・・・
次は、絶対2人以上で来ようと決心し、お店を後にしました。

名物のお肉の正体は豚足(チョッパル)

肉のメニューを知らずして、お店に入ったのですが、お肉の正体は「豚足」でした!!!
韓国も豚足を食べるのですね。びっくり!

料理名は、「チョッパル(족발)」といいます。

韓国の豚足料理「チョッパル(족발)」を知っていますか?

「チョッパル」は香辛料や醤油など入れた特製タレで煮込みます。
煮込んで作るので、余分な脂が落ち、皮はプリプリ&肉は歯ごたえあり!でとてもおいしいです。

日本の豚足料理とは違い、チャーシューのような風味なので、豚足嫌いな方も食べられると思います。

食べ方

特製タレの味がしみ込んでいるので、まずは、そのまま食べてみてください。
チョッパルのプリプリした食感に驚きます。

また、チョッパルに付いてくる「アミの塩辛」につけて食べるのも、塩辛さが増してオススメ。

また、焼き肉のように、サンチュに豚足を載せて、アミの塩辛や韓国みそ、ニンニクなどと一緒にほおばるのも美味しいです!!

自分の好みで食べられるのがうれしいですね。

元祖1号 奨忠洞ハルモニチッの特徴

元祖1号 奨忠洞ハルモニチッは、お店のある奨忠洞エリアで、「元祖中の元祖」と呼ばれているお店

こちらのお店のチョッパルは、一見醤油入りのタレで煮込んでいるようにみえる飴色ですが・・・
なんと!醤油は使用しておらず、玉ねぎと生姜だけで煮込んでいるそう。
お肉の茶色は、玉ねぎから出る色なのですって!!

煮込みタレの食材がシンプルなため、味もあっさりしているのが特徴。
けれど、まったく臭みも脂っこさもないので、食がすすむと評判です!

元祖1号 奨忠洞(チャンチュンドン)ハルモニチッのチョッパル

2人でリベンジ!~元祖1号 奨忠洞ハルモニチッに行ってみた感想

一人で行った数か月後・・・相方もソウルへやってきました。
相方は豚足が嫌いなのですが、説得して行ってきましたよ。

それでは、実際に食べてみた感想やオーダー方法についてお伝えいたしますね。

実際に食べてみて

2人で入店したのですが、肉大好きな2人なので、何人分をオーダーしよう?と悩んでいたら、「2人分で十分だよ」とまたしても「あの」店員さんが教えてくれました。

そこで、「チョッパル2人分」と「海鮮チヂミ」をオーダー

オーダーをすると、食べやすいようスライスをしてお皿に盛りつけてくれます。

最初に何もつけず肉のまま食べると、プリップリ&まろやかな舌触りでとっても美味しかった。
心配だった豚足の臭みや脂っぽさは全くなく、豚足嫌いな相方もバクバク食べていましたよ。
とっても美味しかったです!!

チヂミもカリッとしていて、とても美味しかったです。

しかし、頼んだチョッパルは2人前だったのですが、日本人の感覚では3人前くらいの分量でした。
さすが韓国!!
なので、今回はチヂミもなくても良かったです。

下の写真はチョッパルの付け合わせです。

元祖1号 奨忠洞(チャンチュンドン)ハルモニチッのパンチャン

混雑状況

伺った日は土曜日のランチ時です。
この日はすんなりとテーブルに案内されました。

夜は混雑していて満席に近い日もあります。
とっても賑やかなので、落ち着いて食べたいときは、混雑時を避けて行くと良いです。

元祖1号 奨忠洞(チャンチュンドン)ハルモニチッの店内

オーダー方法

韓国語ができなくても大丈夫!

席に案内されると同時に渡されるメニューには、日本語も書かれています。
英語・中国語も併記されています。
ですので、指差しでOKです。

私が訪問した2回とも、英語も日本語も通じませんでしたが、店員さんはとても親切にしてくださるので、まったく問題はありませんでした。

テイクアウトもOK!

こちらのお店は、テイクアウトをすることができます。

そのため、食べきれなかった場合は包んでくれますし、初めからテイクアウトでオーダーし、ホテルで食べるのもいいですね。

元祖1号 奨忠洞ハルモニチッの場所

元祖1号 奨忠洞ハルモニチッは、新羅ホテルや新羅免税店の最寄り駅「東大入口」から徒歩2分の場所にあります。
東大門・デザインプラザ前から路線バスでも行けますし、徒歩で20分位で行くことができます。

元祖1号 奨忠洞(チャンチュンドン)ハルモニチッの外観

 

  • 店名
    元祖1号 奨忠洞ハルモニチッ
  • 交通
    東大入口駅(地下鉄3号線) 3番出口 徒歩2分
  • 住所
    ソウル特別市 中区 奨忠洞1街 62-18

元祖1号 奨忠洞ハルモニチッは女性にもおすすめ!

元祖1号 奨忠洞ハルモニチッのチョッパルはいかがでしたか?

コラーゲンたっぷりの料理としても良く紹介されているので、日本の女性客も増えているそうですよ。

日本で食べる豚足のイメージを覆す、甘くて上品な味の絶品チョッパル。

複数人でソウルへ旅行に行き、レストランで合流ができないときなど、テイクアウトを利用するのも良いと思います。
時間を気にせず観光し、疲れを癒しながらホテルでゆっくり食べる!
さらに良い旅の思い出ができそうです。

ぜひ行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です