おひとり様でも大丈夫!24時間営業の牡蠣専門店~ソウル・新堂 クルイェチャン

生牡蠣が売られているのを見つけると、国内海外問わず、その場で殻を割ってもらって食べるほど、牡蠣が大好きな私。

ソウルで、お昼ご飯を食べ損ねた午後3時。
「たしかこの辺りに24時間営業の牡蠣クッパ(スープごはん)のお店があったはず・・・」

日本語が通じるかどうかも定かではなかったので、
食べたいクッパの画像を用意し、「牡蠣クッパはクルクッパ、クルクッパ、クルクッパ・・・・」と念仏のように唱えながらお店を目指し行ってきました!!!


牡蠣好きな方にはたまらないお店「クルイェチャン」


この記事では、牡蛎専門店・クルイェチャンに行き分かった、オーダー方法や食べてみた感想、場所などをお伝えしていきます

牡蠣専門店 クルイェチャン(굴예찬) とは

牡蠣専門店・クルイェチャンの牡蛎は、牡蠣で有名な統営(トンヨン)から、毎日取寄せているのでとっても新鮮!!
*統営(トンヨン)は、韓国南部・慶尚南道(キョンサンナムド)にある港町。ここで全国の70%のカキを生産しているそうです。

料理も牡蠣クッパ、石焼牡蠣ビビンバ、牡蠣スンドゥブチゲ、牡蠣のチヂミ、牡蠣ポッサム、生牡蠣・・・と、おひとり様でもグループでも、気軽に食べに行けるお店です。

また、24時間営業なので、行きたいときに行けるのが旅行者にはうれしいですね。

店名のクルイェチャンを直訳すると、「牡蠣礼賛」~!!!
*「クル(굴)=牡蠣」「イェチャン(예찬)=礼賛」
日本語にすると「牡蠣バンザイ!!」っといったところでしょうか。
牡蠣への熱意が感じられます。

たくさん入っている牡蛎

オーダー方法

メニューには日本語表記もありますので、語学力は必要ないので大丈夫です!

食べたいものが決まっているときは、料理の画像を見せるだけでもオーダー可能です。
メニューは見ていなくても、過剰請求されることもないので安心です。

実は、私が初めて行ったときは、「何にする?」とメニューも渡されず聞かれました。
「えっ???旅行客用メニューもないお店なのか・・・」
壁に貼ってあるメニューは韓国語のみ。まったく読めない。。。

「牡蠣クッパはクルクッパ、牡蠣クッパはクルクッパ・・・・」と何度も復唱しておいたのに、肝心な時に度忘れ。

そこで、スマホを取りだし、食べたい料理の写真を見せました。

すると「あ~、クルクッパね」と笑顔で言われ(多分)オーダー成功!!
ほっとしつつも、心の中で「そうそう、クルクッパだった。。。」と呟きました。

2回目もメニューがないことを覚悟し伺ったのですが、2回目は、すぐにメニューを持って来てくださいました。
しかも、日本語も書いてあり、びっくりしたのを覚えています。
おかげで、席でゆっくり選ぶことができました。

初めて行く際に、メニューが欲しいときは、ホール担当の店員さんに声かけしてくださいね。
笑顔で持って来てくださいます。

担当が分かれているのか、ホール担当以外の店員さんはいつ行っても素っ気ないです。
韓国語ができれば、また違うのかな。

牡蠣専門店 クルイェチャン(굴예찬)に行ってみた感想

それでは、実際に食べてみた感想と混雑状況をお伝えいたしますね。

実際に食べてみて

運ばれてきたクッパを見てびっくり!!
グツグツ沸き立っているうえに、生のニラがこんもりと!!

クルイェチャンの外観

熱そう~! こんな山盛りのニラ見たことない!!!と、見た目から大興奮。

肝心の牡蠣は??と探ってみると、小ぶりな牡蠣が次から次へと出てきて、自然と顔がニンマリ。
牡蠣好きにはたまりません!!

牡蛎クッパ クルクッパ

クッパだけで大満足です。
付け合わせのキムチもあるので、さらに満足度アップ。

韓国はどこのお店に入っても量が少ないということがないのがうれしいです。

初めて行くとき、
おひとり様だったら、牡蠣クッパ、石焼牡蠣ビビンバ、牡蠣スンドゥブチゲ
グループだったら、牡蠣のチヂミ、牡蠣ポッサム
などいいかもしれません。

混雑状況

地元の方に大人気なお店のため、ランチなどのピークタイムは大変混み合うそうです。
ランチ時は、時間をずらして伺った方が良さそうです。

私はランチ時をずらして伺うので、いつも空いています。

牡蠣専門店 クルイェチャン(굴예찬)の場所

新堂駅から徒歩1分と駅からすぐです。
新堂駅は、東大門歴史文化公園駅からも一駅なので、お散歩がてら歩いていくこともできます。

ただ、入口が正面と裏口と2か所あり、私のアプリの地図は裏口を表示していました。
裏口があることを知らず、入口を探すのに行ったり来たり・・・「地図が間違っている!」と思ったほどです。

入口を見つけられないときは、私のように裏口にいるのかもしれないので、地図が指し示している場所の真裏へ行かれてみてくださいね。

正面玄関は大きな道路沿いにあります。

  • 店名
    굴예창(クルイェチャン・クルエチャン)
  • 交通
    新堂駅(地下鉄6号線) 7番出口 徒歩1分
  • 住所
    ソウル特別市 中区 乙支路6街 18-12, モール 1F

クルイェチャンでは、いつでも牡蛎が食べられます!

牡蠣専門店 クルイェチャン、いかがでしたか?

クルイェチャンには毎日新鮮な牡蠣が直送されてくるので、牡蛎好きにはたまらないお店です。

24時間営業のお店なので、行きたいときに行けるのが旅行者にうれしいお店です。

忠武アートセンターでの観劇や東大門ショッピングの前後などに行くのもいいですね。
ぜひ行ってみてくださいね。

私も次回は「牡蛎ポッサム」を2人以上で行ってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です